カードローンの審査基準とは

カードローンの審査に落ちても、なぜ落ちたのかという理由は教えてもらえません。原則として、審査の基準は非公開だからです。ですが、一般的に、どのようなポイントが重視されているのはある程度わかっています。カードローンの審査で重視されるのは、年収と返済比率・勤務形態・勤務先・勤続年数・個人信用情報などです。
このうち、年収と返済比率とは、年収における借金の年間返済額の割合のことです。この値は低いほうが有利です。つまりは、他社からの借金が少ないほど有利ということです。カードローンに申し込むときは他の借金はできるだけ完済してから申し込みをするのがよいでしょう。キャッシング枠のあるクレジットカードなども借金と同様に見られてしまうので、たくさん持っている人は解約しておいたほうが無難です。
次に、勤務形態・勤務先ですが、高収入があるよりも安定した収入があるほうが有利なようです。公務員や大企業の正社員が最も有利です。勤続年数については、長いほど信用があり、1年以上が理想です。無職でも借りられるカードローンというのはほとんどないので、派遣でもアルバイトでもいいので仕事に就いてから申しこむべきでしょう。
個人信用情報とは、クレジットカードやローンの申し込みや支払いの情報のことです。クレジットカードなどの支払いを延滞すると、個人信用情報機関に延滞の情報が登録されます。延滞が3ヶ月以上続くと、異動(事故)情報が登録され、俗に言うブラックな状態となります。異動情報は一度登録されると完済してから5年間は記録が消えないので、その間はカードローンの審査に通ることが難しくなります。

〔参考ホームページ〕