カードローン審査に合格しやすい状況

カードローン審査に通りやすい状況はノーローンな状態です。他に一切ローンを組んでいないなら、今は借金を持っていない状況なので、カードローン審査に合格しやすくなります。

基本的にカードローンで合格するコツの一つとして、申込時に収入証明を提出するかどうかがあります。この収入証明を提出しない方が当然ながら年収を考慮されないので合格しやすくなります。

総量規制は他社で借金を持っている場合に総額100万を超えると収入証明が必要となっており、現状としては総量規制が適用される消費者金融では他社と含めて100万以上なら書類が必要、銀行も似たような内容が多いですが他社総額の金額が高くなっている会社もあり200万以上という内容もあります。つまり、他社総額で100万以内なら収入証明なしで申し込める会社を見つけることが出来るわけであり、借金を一切持っていないなら本当に有利に審査を受けることが出来ることが分かります。

ノーローンな状態で、これからカードローンを申し込むなら基本的にはどの会社を選ぶにしても有利な状況ですが、さらに合格率を高くするなら上記で説明した収入証明が必要ないカードローンを選んでおくと良いです。これは本当に合格率がかなり高く、正社員でなくても合格を簡単に狙うことが出来ます。借金を持っているかどうかというのは重要なポイントの一つでもあるので、カードローンを申し込む前に参考として覚えておくと役に立ちます。

<関連ホームページ>
三井住友銀行のカードローン…三井住友銀行カードローンは300万円以内の融資であれば”収入証明書”は必要ありません。