失業中していてもカードローンは利用できる?

当然ですが、正規の貸金業者は無職の方には融資を実行していません。
在籍確認といって申告した項目に書いてある職場に連絡を必ずするほど、しっかり仕事をしているのかを貸金業者は確認していきます。
専業主婦主夫の方でも借りられる貸金業者もありますが、その場合は配偶者に働いている方がいなければ難しい審査になるでしょう。
それほど働いているというのは、重要な項目になっています。

失業中にカードローンを利用できるのか?という質問が多くありますが、答えとしてはできます。
しかし先程も述べたように働いている人に融資を実行している経緯が貸金業者にありますので、失業中であることが判明していますと、カードローンに限度枠があったとしてもカード利用停止になる可能性が高いです。
働いていて失業をしたという報告さえしなければ、カードローンの使用することは可能ですが、契約者には申告義務があります。
よって申告した職場を退職した事実を報告しなければなりません。

ここで失業中の方がするべきことは、早めに働き口を見つけるなり、また個人事業を始めるなりして働くことをおすすめします。
今まで返済を怠らずに正しい利用をしていたのであれば、職場が変わってもカードローンの利用を制限されることは少ないです。
失業中であることを報告したときにカードが使えなくなるだけですので、それを隠してそして新しい職場を見つけるようにしましょう。
返済もありますので、給与がある状態を保ちながらカードを使用しましょう。