作成者別アーカイブ: saadmin

カードローンでお金を借りる時にあなたが考えるべき案件

大手消費者金融の数だけでもそれなりの数があり、そこに銀行カードローンが加わればさらにカードローンの数が増えるだけでなくさらに中堅消費者金融のカードローンが増えると数がさらに増えるでしょうし、細かい貸金業者の数は多いです。
そしてクレジットカードにもキャッシング機能が付いているのでお金を借り入れることができるキャッシング機能の数は多いです。どこからどれだけお金を借り入れるのか、それを決める時には慎重さを持っておかなければなりませんから、お金を借り入れる業者は独自の基準で比較検討後実際にお金を借り入れることにしましょう。
後で返済のことで苦しむくらいなら対抗策を先に打っておくことが有効です。
そもそもあなたが借入れるのは銀行のローン? それとも利用しやすいのが特徴の消費者金融からの借り入れたお金でしょうか。サービス面に優れているのが消費者金融の特徴ですから、より利用者の側に立ったサービスを感じながら利用したいと考えている方はぜひ消費者金融からお金を借りてみてください。


《カードローンを実際に利用した人の声を聞いてみる》

実際にお金を借り入れた人にしかわからないことは多いです。係りの人間の対応はどうだったのか。実際に借りてみて、それにどれくらい時間がかかったのか。
借りてみてその業者の使い勝手は良かったのか悪かったのか。これを知るには実際に借りてみた人の意見を聞くのが一番です。他の業者ではなくどうしてそこにするのか、その理由は自分の中でしっかりと定めておくべきです。
誰もが苦しむ返済のこと。できるだけこの返済の負担を軽減するためには先んじて借入れる業者のこと。キャッシング後の未来について思いを馳せておくことが有効です。


《借り入れたお金でなにをするのか》

カードローンで借り入れたお金を使うのはあなた自身で、この使い道は自由です。
そのお金の使い方の選択肢を考えるのは他ならない自分自身。後悔のない使い方を心がけておきましょう。使い道が自由なローンは他にもフリーローンがありますが、カードローンはあっちと違い限度額まで何度でも再融資を受けることができるのが特徴です。
つまりフリーローンよりさらに自由にそのお金を使うことができるということ。ですがだからこそしっかりとそのお金の使い道を考えておかなければならないのです。
その借り入れたお金を使って何をしますか? 何かのショッピングを楽しむのかはたまた旅行資金とするのか…。それを考えるのはあなた自身です。

口コミを利用したカードローンの賢い選び方

口コミというのは、利用した人の本音になりますので参考の材料にすることができます。一方口コミは、残念なことに真実ではないことも含まれていることがあります。何が真実でそうではないのかを自分の目で見極めるのが、口コミの正しい使い方になります。カードローンに関しての口コミもあり、日々いろんなサイトで投稿されていますが、利益になる者から虚偽のものまで様々なものがあります。大切なのは自分は何を信じるかになりますので、必要なものを取り入れて選択する材料にしましょう。

カードローンにもいろんな種類があり、そして貸金業者にもそれぞれの違いがあります。信じることができる口コミを得る前に、どのような口コミが必要なのをまず自分で選びましょう。たとえば貸金業者の対応だったり、キャンペーンの詳細等あるでしょう。そのような欲しい情報を絞って利用すると良い材料になることが多いです。

またそのような情報を得た場合、調べることができるのであれば、まずは自分の目でしっかり調べて判断してください。このような行動をすることで、虚偽の情報に振り回されることが少なくなります。情報を信じるまえにまずは自分で確認することが大切です。また選択肢に入った貸金業者のサイトに行って隅から隅まで情報を得て、自分で判断することも重要です。

利用した人が言っていたからでは、後になって損をしてしまうこともあります。またそのようなことを言っても誰も力も貸してくれませんので、まずは自分の情報収集力を高めましょう。

カードローンの審査基準とは

カードローンの審査に落ちても、なぜ落ちたのかという理由は教えてもらえません。原則として、審査の基準は非公開だからです。ですが、一般的に、どのようなポイントが重視されているのはある程度わかっています。カードローンの審査で重視されるのは、年収と返済比率・勤務形態・勤務先・勤続年数・個人信用情報などです。
このうち、年収と返済比率とは、年収における借金の年間返済額の割合のことです。この値は低いほうが有利です。つまりは、他社からの借金が少ないほど有利ということです。カードローンに申し込むときは他の借金はできるだけ完済してから申し込みをするのがよいでしょう。キャッシング枠のあるクレジットカードなども借金と同様に見られてしまうので、たくさん持っている人は解約しておいたほうが無難です。
次に、勤務形態・勤務先ですが、高収入があるよりも安定した収入があるほうが有利なようです。公務員や大企業の正社員が最も有利です。勤続年数については、長いほど信用があり、1年以上が理想です。無職でも借りられるカードローンというのはほとんどないので、派遣でもアルバイトでもいいので仕事に就いてから申しこむべきでしょう。
個人信用情報とは、クレジットカードやローンの申し込みや支払いの情報のことです。クレジットカードなどの支払いを延滞すると、個人信用情報機関に延滞の情報が登録されます。延滞が3ヶ月以上続くと、異動(事故)情報が登録され、俗に言うブラックな状態となります。異動情報は一度登録されると完済してから5年間は記録が消えないので、その間はカードローンの審査に通ることが難しくなります。

〔参考ホームページ〕

お得なカードローンの審査基準を知っておこう

お得なカードローンとはやはり低金利な融資です。キャッシングでもカードローンでもしっかりと申込先を比較すれば、低金利を見つけることが出来ます。しかし、金利を下げてカードローンを利用するには審査基準を知っておくほうが良いです。基本的に金利が低くなるほど審査基準は厳しくなります。この理由を簡単に説明すると、カードローンの審査基準で重要なことは3つあり、その中でも返済能力はとても大事です。金利を下げる方法は上限金利が低い会社を選ぶこと、そしてさらに金利を下げるには下限金利に近い利率を狙うことが大事です。この下限利率を狙うためには大きな限度額を持つことが必須になってきます。大きな限度額を持つためには自分の返済能力が高くなければなりません。どの会社も下限利率を見ると非常に低い利率が設定されているわけですが、この利率を利用してお金を借りるには最大極度額を借りなければなりません。会社によっていくらまで融資を受けるのか、その最大金額はバラバラです。最大500万なら500万で審査に合格できると、その会社における一番低い金利からお金を借りることが出来ます。審査基準は返済能力以外にも信用と他社の借金は重要なポイントになります。この3つだけは本当に重要な基準項目となっているので、カードローンへ申し込む際に低金利を狙っていくならこれらのポイントでどれだけ有利に審査を受けることが出来るのかが重要となってきます。

消費者金融のカードローン審査と金利

消費者金融へカードローンを申し込むなら審査に合格しやすい会社を知っておきましょう。基本的にはどの会社を選んでも、借入する限度額が小さい場合、あるいは信用などに問題がないなら、どの会社でも簡単に合格することが出来ます。アルバイトでも正社員でも、よほど年収が低いという状況でない限りは合否の心配をする必要はありません。消費者金融の中でもカードローン審査に合格しやすい会社をあえて挙げるなら、収入証明不要という条件が設定されている会社、そして規模の小さな会社の2つがあります。前者は本当に会社によって異なりますが、身分証明だけでOKとなっている会社なら簡単に借りれます。総量規制から考えると、その会社で50万以内、他社総額で100万以内であればこうした会社を見つけることが出来ます。銀行では良く見かける融資内容です。次に規模の小さな会社ですが、これは各地方の街金です。信用に優しい、他社総額に寛大など、大手に比べると自分の状況が悪い場合でもカードローン審査に合格しやすいので、本当に借り先が見つからない、そんな時に活用すると便利な会社です。消費者金融はどの会社を利用するにしても基本的に金利が高いので利息は高くなります。もちろん、そこそこ大きな金額を借りるなら利息を安くできますが、逆に小口だと上限利率がどの会社も高い水準となっているので、これは基礎知識として覚えておくべき内容です。銀行と消費者金融のカードローンを比較しておきましょう。

女性にも利用しやすいカードローンと審査内容

お金を借りるときは、はじめての場合は不安に思うこと、気になることもありますが、特に女性の場合はお金を借りることに抵抗があることも少なくありません。

女性が利用しやすい借入方法にカードローンがあります。この場合は担保や保証人を用意する必要もなく、そして来店の手間もなく電話やインターネットから手続きができます。
初めて借り入れを利用する場合はわからないこともありますが、そういった場合はサポートがしっかり行われているカードローン会社を選びましょう。

カードローン会社はレディースローンを用意していることも多く、この場合は電話相談などもレディース専用のダイヤルが用意されていたり、女性スタッフが対応してくれますので安心して相談することができます。

審査については、申込み後にすぐに行われますが、パートやアルバイトの方も安定した収入があれば利用できることが多くなっています。年収や職場の情報、現在の借入金額、件数など様々な面から審査していきます。無事クリアできれば振込みで対応してもらえますので来店の手間なくお金を受け取ることができます。

返済方法についても知っておきたいですが、利息もつきますので、サイトの返済シミュレーションを利用して、月々にいくら支払うのか、何回で完済できるかはよく把握しておきましょう。

返済についても来店の手間なく行うことができ、口座振込み、ネット決済、引き落とし、ATMなどそれぞれの都合の良い方法を選んでいきましょう。支払いが遅れると遅延損害金も発生しますので、管理はきちんと行なっておきます。

カードローン審査に合格しやすい状況

カードローン審査に通りやすい状況はノーローンな状態です。他に一切ローンを組んでいないなら、今は借金を持っていない状況なので、カードローン審査に合格しやすくなります。

基本的にカードローンで合格するコツの一つとして、申込時に収入証明を提出するかどうかがあります。この収入証明を提出しない方が当然ながら年収を考慮されないので合格しやすくなります。

総量規制は他社で借金を持っている場合に総額100万を超えると収入証明が必要となっており、現状としては総量規制が適用される消費者金融では他社と含めて100万以上なら書類が必要、銀行も似たような内容が多いですが他社総額の金額が高くなっている会社もあり200万以上という内容もあります。つまり、他社総額で100万以内なら収入証明なしで申し込める会社を見つけることが出来るわけであり、借金を一切持っていないなら本当に有利に審査を受けることが出来ることが分かります。

ノーローンな状態で、これからカードローンを申し込むなら基本的にはどの会社を選ぶにしても有利な状況ですが、さらに合格率を高くするなら上記で説明した収入証明が必要ないカードローンを選んでおくと良いです。これは本当に合格率がかなり高く、正社員でなくても合格を簡単に狙うことが出来ます。借金を持っているかどうかというのは重要なポイントの一つでもあるので、カードローンを申し込む前に参考として覚えておくと役に立ちます。

<関連ホームページ>
三井住友銀行のカードローン…三井住友銀行カードローンは300万円以内の融資であれば”収入証明書”は必要ありません。